2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

多良崎城跡(2017.12.24)

 【31//2018】

今回は茨城県にある多良崎城跡に行ってきました。

とはいっても、城の跡は一切無く
「大手門」や「本郭」と描かれた真っ赤な看板だけになっています。

先にお断りをさせていただくと、深夜に訪れたので漆黒の闇が広がるのみで、
被写体となるものがこれらの看板くらいしかなかったため雰囲気を
あまりお伝えできていないかもしれません…


ちなみにこの場所ではこのような霊の噂を聞くことができました。

・歩いていると誰もいないのに人の話し声が聞こえてくる。

・白装束を着た女性の霊が現れる。

他にも城にまつわる話もたくさんありましたが
似たような内容が多かったですね。

それとここは昔、テレビで心霊スポットとして紹介され
有名だった時期もあるようです。

寒いですが、張り切ってまいりましょう!

tarasakijouseki01.jpg

城跡の案内図を撮影

結構広そうに見えますが一本道なので
迷う心配はなさそうです。

tarasakijouseki02.jpg

こちらは案内図のアップ

tarasakijouseki03.jpg

外灯など一切なく暗闇の中をひたすら歩くことになります。

tarasakijouseki04.jpg

しばらく歩いていると「大手門」の看板

なぜ、真っ赤なのでしょうか?

謎ですね。

tarasakijouseki05.jpg

この周辺が「本郭」のようです。

周りを見渡してもそれらしきモノが一切ないので
正直言われないとわからないレベルです。

tarasakijouseki06.jpg

これは恐らくカブトムシの幼虫を養殖するための場所でしょう。

後から知った情報ですが、夏場は虫取りをする人が
集まると聞きました。

ミヤマクワガタもいるみたいでマニアには
違う意味でもアツいスポットのようです。

tarasakijouseki07.jpg

道中は落ち葉のクッションの中を歩いているような感じです。

木の枝も落ちているので足を取られる事があり
慎重に歩かなければいけません。

ここでは誰もいないのに人の話し声が聞こえるなどという噂がありますが、
全然そんな気配はありませんでした。

聞こえるのは我々の話し声と落ち葉の中を歩く音のみです…

tarasakijouseki08.jpg

最後は平成29年の3月に建てられた看板を撮影

城跡周辺の歴史と航空写真が載っています。

tarasakijouseki09.jpg

冬場はきっと訪れる人が少ないのでしょう。

もう限りなく落ち葉で道が埋まっており荒れ放題といった感じです。

この辺は電波があり地図アプリを見ながら探索できます。

そういえばここを訪れたのが12月24日

世間はクリスマスでにぎわう中、我々は何をやっているのでしょうかねw

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

桐生川ダム(2017.11)

 【31//2017】

今回は群馬県にある桐生川ダムに行ってきました。

群馬県と栃木県の境目に存在するこの場所では
この様な噂を聞きました。

・深夜この周辺で釣りをしていると無数の手が湖から出てくる

・身投げした親子の霊が現れる

などと言われているようです。


まずは梅田湖にある、梅田大橋から撮影

この周辺では自転車やバイクなどで
ツーリングを楽しむ方が多いようです。

kiryugawadam01.jpg

梅田大橋から車で移動し桐生川ダムに到着

まずは概要の看板から

kiryugawadam02.jpg

先ほどの看板のすぐ近くには展望台があります。

日中は良い景色を満喫できます。

kiryugawadam03.jpg

ダムにかかる道へ移動

この日は風がかなり強く油断していると
転倒するくらい危険でした。

写真には撮らなかったのですが「釣り禁止」の
看板を多くみかけました。

kiryugawadam04.jpg

ここに関する情報を調べた際、ダムの下に行ける道路が
あったのですが扉があり入ることができない上、
土砂で塞がっていました。

見た感じ結構時間が経っているようにみえます。

kiryugawadam05.jpg

ダムの道を反対側から撮影

こっちは日陰なのでかなり寒く
あまり長い時間いられませんでした。

kiryugawadam06.jpg

ここの道はもう使われてないのでしょう。

荒れ方がすごいですね。

この道は66号線足利方面へとつながっています。

距離がかなりあるので乗り物がないと厳しいですね。

kiryugawadam07.jpg

異常なまでの静寂がなんとも不気味なスポットでした。。

せいぜい聞こえてくるのは強い風の音くらいです。

最後に撮影した道ですが、車で行けないか調査してみました。

66号線足利側から唯一行けそうな道はあったのですが
現在は封鎖されており入ることはできませんでした。

仮に行けたとしても、ものすごいオフロードっぽいので
危険極まりないと思われます。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

草木橋(2017.11)

 【30//2017】

今回は群馬県にある草木橋に行ってきました。

この周辺には「武尊神社」「沢入トンネル」などの
心霊スポットが集中しています。

ここではこんな話があるみたいです。

・深夜に橋の周辺を歩いているとふらふらと
 女性が近づいてくるがすれ違った瞬間に振り向くとその姿はない

・少しでも霊感のある人が橋を渡ると体調が急激に悪くなる

他にも色々ありましたが、特にこのふたつが印象的でした。

それでは探索にまいりましょう。


こういう場所は自殺防止対策のひとつとして
高い柵などが設けられている事がありますが、
ここはそういう事をしていないみたいです。

kusakibashi01.jpg

橋の名称の看板

あとは自殺者を踏みとどまらせるための
相談電話窓口の案内

kusakibashi02.jpg

橋から見える景色がすごく綺麗です。

もう少し時季が早ければ紅葉が見ごろだったと思われます。

それと水が少ない時は、足尾線旧線が見えるらしいです。

kusakibashi03.jpg

今度は橋の反対側から撮影

ここは日差しが強く写真を撮るのに一苦労しました。

kusakibashi04.jpg

この橋は昭和51年に作られたようです。

だいたい40年近い歴史があります。

まあ自分達と年齢が一緒ですねw

kusakibashi05.jpg

今度は場所を変え近くにある草木公園側から橋を撮りました。

ここから見える景色もなかなかのものです。

それにしても風がとても冷たい…

kusakibashi06.jpg

そして最後は公園の中にあったお墓

手入れが行き届いており、この日も墓参りに来ている方が
何人かいました。

kusakibashi07.jpg

ここは柵が低く一歩間違えれば余裕で落ちるレベルです。。

それと周辺では定期的にマラソン大会が行われています。

訪れるタイミングによってはすごく賑やかなのでしょう。

公園の駐車場ではバーベキューを楽しんでいる人たちがいました。

季節によって色々な景色が楽しめるのでスポットというより
観光地といった感じですね。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

赤水門(2017.10)

 【31//2017】

今回は東京都にある「赤水門」行ってきました。

ここの正式な名称は「旧岩淵水門」です。

水にまつわる心霊スポットは霊が集まり
やすいと言われています。

この場所ではどんな霊の噂があるか調べてみると…

・水門に死体の一部が流れ着くが、それを調べに近づくと
 いつの間にか消えてなくなっている。

・深夜、河川敷周辺にあるジョギングコースを歩いていると
 黒い影がすごい速度で近づいてくる。

などという話を見かけました。

他にも色々あるみたいですが、その中でも
特に気になったのがこの二つです。

ちなみにここを訪れたのは2回目なので、

その時に撮った夜の画像も含めて今回はご紹介します。


それでは張り切ってまいりましょう。

近くにある有料駐車場に車を停め、いざ探索開始です。

akasuimon01.jpg

赤水門の近くには、案内板があり詳しい情報が載っていました。

akasuimon02.jpg

その先には石畳の歩道があり、赤水門の一部が見えます。

akasuimon03.jpg

こちらは過去に撮影した時の画像 

外灯などが全くないので完全に周辺は漆黒の闇です。

akasuimon04.jpg

この画像だと少々わかりにくいのですが、ところどころに
落書きがされていました。

最近訪れた際は、落書きが一切なくとても綺麗に保たれていました。

akasuimon05.jpg

過去の画像になりますがオブジェとベンチです。

時間も遅かったのでこの時に聞こえてくるのは水の音と
遠くから聞こえてくる車の音くらいでした。

akasuimon06.jpg

そこからもう少し歩いていくと赤水門の
ギリギリ近くまでいけます。

この画像だと伝わりにくいですが、かなり迫力があります。

akasuimon07.jpg

赤水門の向かい側に見えるのがこの青水門です。

以前は、ここがメインで活躍していたようですね。

akasuimon08.jpg

最初に来た道を戻り、赤水門を反対側から撮影

周辺にはゴミ拾いやを釣りをしている人がいました。

朝だから人が少ないと思っていましたが、全然そうではありませんでしたね。

akasuimon09.jpg

探索を終え、戻る途中に撮影

この周辺は路上駐車対策がしっかりされているので
深夜にここを訪れる際は車を停める場所に苦労するかもしれません。

ちなみに水門のほとりにはこの周辺で亡くなった方の霊を慰める
地蔵があったみたいですが、撮り忘れてしまいました。

akasuimon10.jpg

心霊スポットとしても有名ですが、
地元民達には憩いの場所でもあります。
休日の日中に訪れると家族連れなど多くの人々で賑わっています。

ちなみに掲載した夜の画像のデータを見ると
2010年とあったのでもう7年も前になります。

ちょうどその頃は心スポ探索を開始して間もない頃ですね。

なんだかんだで続いているのでちょっと驚きです。

どんな事でも継続する事って大事なんだな、と
改めて実感する瞬間でした。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

早出川ダム(2017.05)

 【30//2017】

今回は2017年のGWに行った新潟県の心霊スポット巡り最後の場所となる
早出川ダムです。

ここで聞いた心霊的な噂は

・封鎖されたトイレから人の声がする。

・水が流れる音に紛れて人のうめき声が聞こえる。

・深夜、近くにある青い橋で人の影が見える

などというものでした。

ダムといえば自殺の名所、なんて言われてしまうくらいですから
そういった噂がきっと絶えないのでしょう…

連休中だけあって駐車場は家族連れの車が結構停まっていました。

場違い感が半端ないですw

それでは張り切ってまいりましょう!

まずは記念碑から撮影

hayadegawadam01.jpg

続いては封鎖されているトイレ

と言いたいところですが、私達が訪れた時は
封鎖されていませんでした。

このダムを探索されている動画を見た際は、ベニヤ板で
閉じられ入れない様になっていました。

ちなみに中は至って普通のトイレです。

ただ無機質な造りなので夜だと気味が悪いかもしれません。

hayadegawadam02.jpg

ダムの歩道の距離は短く、すぐ奥まで行けました。

ちょうど放水している時間帯だったので
放水の様子を見ることができました。

迫力があって見ごたえ抜群です。

hayadegawadam03.jpg

hayadegawadam04.jpg

歩道の端に到着

階段があり登れそうな感じがしましたが
「ここから先は関係者以外立ち入り禁止」の
看板があったので断念します。

hayadegawadam05.jpg

奥に進むのを諦め景色を撮影

豊かな山の景色に癒されます。

hayadegawadam06.jpg

一通り探索が終わったので車に戻るとします。

ずっと運転し続けていたので
道の駅で適当に休憩を取ってから地元に帰るとしましょう。

hayadegawadam07.jpg

最後はここに行く途中見つけた「高石第二隧道」です。

入り口近くにある草木も年季が入っています。

hayadegawadam08.jpg

柵の中にカメラを入れて撮影。

トンネルの三分の一くらいは水溜りになっていると思われます。

こうなっている場所は見るだけにしておきましょう。

hayadegawadam09.jpg

ちなみに早出川ダム周辺は電波が非常に悪かったです。

何か問題があったら厄介そうですね。

今回もかなりのんびりとした時間を満喫することができました。

毎日が色々とバタバタしているので
こういう事をして息抜きするのも大事だと思います。

スポットに関しては結構掘り尽くしたかな?
と思っていたのですが、探してみると未知のスポットが
たくさんあり、新潟県巡りはまだまだ楽しめそうです。

さてと、次はどこへ行こうか…

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る