2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

稲取隔離病棟(2016.01)

 【31//2016】

今回は静岡県にある稲取隔離病棟に行ってきました。

真相は不明ですが、昔は治療が困難だと言われていた天然痘や結核などの患者
を隔離する為に作られたと言われていますね。

ここにまつわる霊的な噂はここで亡くなった患者達の怨念が渦巻き
それによって事故や怪我が起きる、心霊写真が撮れるなどの話がありました。

有名な場所なので期待が高まりますw

それでは、張り切ってまいりましょう!



連休のせいかこの日は車通りが非常に多く、ここへ向かうための道路を横断するのも命がけでした。

ゆっくりと階段を下りていくと早速建物が見えてきました。

天気も良く暖かいので探索するには最適な日でした。

ina01.jpg

この画像だと少々見づらいですが階段がありそこから建物の中に入ります。

ina02.jpg

もうここまでボロくなっていると破壊か風化かわからなくなってますね。

以前、探索した「小川脳病院」より状態は良いと思いますが…

あそこは歩いている最中に何回か床が抜けて大変でした。

ina03.jpg

自然と一体化しかけている廊下は風情があってたまりません。

それに浸るのもいいのですが、足元がかなり不安定なので慎重に歩かないと結構危ないです。

ina04.jpg

ワラが敷かれたベッドの様です。

これだけでも歴史の深さが感じられます。

ina05.jpg

かまどのフタもしっかりと残っています。

有名な廃墟ではありますが辺鄙な場所にあるせいか
荒らす人が少ないのでしょうか。

スプレーによる落書きなどもありません。

ina06.jpg

この部屋は特に食器やバケツやカゴなどが多く散乱していました。

ina07.jpg

探索も終わったのでそろそろ撤収するとします。

楽しい時間をありがとう

こういう場所はいつまでも残っていてほしいと切に願います。

ina08.jpg

と、いきたかったのですが少し奥まった場所にまだ建物があったので
頑張って進んでみようと思います。

竹につかまりながら登っていきました。

体重をかけた瞬間に抜ける可能性があるのですごい慎重でした。

ina09.jpg

入り口がわからず窓の隙間から撮影

この付近だけやけに竹が密集しており入るのが困難な為
奥に進むのは断念しました。

ina10.jpg

見所は多いとは言えませんがとても充実した時間を過ごす事ができました。

この場所を調べている最中は、もう現在は完全になくなっているのではないか?

という心配があったのですが今回は無駄足にならずに良かったです。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Trackbacks