2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ホテル大藪(2014.05)

 【31//2014】

山梨県某所にある「ホテル大藪」という廃虚を探索してきました。

ここが廃墟になってしまった経緯は裏にある山が崩れホテル内部に大量の土砂が入り込み廃業に追い込まれたそうです。

この場所はある心霊番組でも取り上げられ、探索していた出演者の方はいきなり窓枠が倒れたり、
誰もいないのに物音がするなどの原因不明の現象に遭遇していました。

他には女性の霊が出るという噂が絶えないと言います。

果たしてその噂は本当なのでしょうか?


それでは早速、探索してみましょう!

この「ホテル大藪」は別荘地の外れた場所にありとても存在感のある建物です。

とは言え、奥まった所にあったのでなかなか発見できなかったんですけどねw

訪れたのは夕暮れ時だったのでもう少し遅かったら発見できなかったかもしれません。

外観はなかなかいい感じの雰囲気ですね。

それでは中に入って行きましょう。

01.jpg

ちょっと急な階段を上り進むと早くも土砂に足元を取られそうになりとても危険です。

ガラスの破片も落ちているので注意しながら歩きました。

ひんやりした空気がちょっと心地よく程よい緊張感があります。

02.jpg

1階は土砂崩れの被害がかなり大きく、ご覧の様に土砂に阻まれ先に行く事ができない為迂回を強いられました。

見た感じではかなり長い年月が経っていると思われます。

03.jpg

食堂と思われる場所はかなり風化し見る影もありません。

ここも砂だらけになっています。

恐らく上の階にも土砂が流れ込んで来たのでしょう。

04.jpg

建物は全体的に砂まみれになっています。

湿った空気の影響で埃っぽさがあまり感じられませんでした。

05.jpg

台所は土砂でグチャグチャになっています。

見た感じ人為的な破壊ではなさそうですね。

06.jpg

空の部屋もあればご覧の様に色々なモノが多く残っている場所もあります。

軽く物置にされちゃってますね。

07.jpg

恐らくこのフロアの壁は人の手によって剥がされ破壊されたものと思われます。

落書きの1つでもあれば少しは緊張が和らぐのですが
全然見当たらないのでかえって気味が悪いです…

08.jpg

そして女性の霊が出ると言われている問題の「208号室」に到着です。

ここまで来るのにえらい時間がかかった様な気がします。

さあ、勇気を出して入りましょう。

09.jpg

何もなさすぎて言葉が出ませんw

他の部屋はかなり散らかっているのに対してここは妙に小奇麗だという印象を受けました。

番組のロケのために手が加えられたのかもしれませんね。

倒れたと思われる窓枠もそのままになっています。

番組に参加していた心霊研究科の方はかなり嫌な感じがすると話していましたが、
基本的に霊感ゼロの我々は何も感じる事ができませんでした。

10.jpg

下のフロアは土砂に埋もれていて部屋の内部に入るどころか通行も困難なため、迂回する事が多く全部探索できたかどうかは不明です。

山の天気は変わりやすく急な雨で再び土砂崩れが起こるかもしれないので、必要以上に長居するのはちょっと危険だと感じました。

ここが全盛期に多くの人々で賑わっていた頃の情景を思い浮かべると、ちょっと切なくなってきますね…

では!                                                         

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Trackbacks