2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

お化けペンション(2010.12)

 【25//2013】

地元からは距離がありましたが、こちらの有名スポットに来てみました。

森の中にあるペンションの廃墟です。

過去には殺人や首つり、焼身自殺もあったとか…

非常に分かりにくい場所にありましたがなんとか発見できました。

かなり威圧感がある建物で探索を躊躇してしまいそうになります。


おばぺん01

不気味な雰囲気にもだんだん慣れてきたところこで入り口に向かいます。

何やら目立つところに看板のような物があります。


おばぺん02

この時点でもこれ以上ないくらい荒らされているのが分かるのですが…

霊魂達もさぞご立腹だと思います。


おばぺん03

内部に入ってすぐ目に付いたものは中央にある暖炉でした。

事前に暖炉の下に地下室があるような話を聞いたのですが見付かりませんね。


おばぺん04

暖炉の上を見上げてみました。

かなり天井が高いです。


おばぺん05

暖炉の周りの他の部屋を探索してみます。

ご覧のような有様なので特に探索のし甲斐もありませんでした。


おばぺん06

おばぺん07

おばぺん08

どの廃墟でも浴室だけはすぐに判断できますね。

おばぺん09

昔のヤンキーマンガに出てくる学校のようなトイレです。

おばぺん10

破壊と風化が激しく特に見所もなかった一階を後にして二階へ行きましょう。

手すりがない階段を注意して上っていきます。


おばぺん11

階段を上り切ったところで一階を見下ろしてみました。

なかなかの高さがあるので落ちてしまったらケガだけでは済まないかもしれません…


おばぺん12

二階はガラスの無い窓から雪が大量に入ってきている部屋ばかりした。

動物の足跡などもありました。


おばぺん13

おばぺん14

壁にはここを訪れた人達の思い出が刻まれています。

おばぺん15

もはやトイレと言えるような状態ではないトイレ。

おばぺん16

建物内部は破壊と風化でボロボロなので廃墟としての魅力はありませんでしたね。

真っ暗な森の中に堂々と佇んでいるので肝試し向けの物件でしょうか。

冬場にくると雪もあるのでちょっと幻想的な雰囲気も楽しめます。

では!





スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る