2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

とある廃墟②

 【22//2013】

何気なく街を歩いていると、ふと気になる建物って誰にでもありますよね?

そんな訳で今回は偶然見付けたとある廃墟を探索してみようと思います。

この素晴らしい佇まいが視界に入ってしまったら思わず足が止まってしまいます。

入口からしてかなり立派なので、もしかしたら有名なスポットなのかもしれませんね。


とある廃墟②01

すでに入り口で圧倒されてしまいましたが中にはどんな立派な建物があるのか期待が高まります。

あれ?まず目に飛び込んできたのは木です…


とある廃墟②02

辺りを見渡しても木があるのみです。

かなり広いですがこの家の庭だったのでしょうか?


とある廃墟②03

期待外れかと思いましたがさらに進んでいくと建物らしき存在が!

とある廃墟②04

近づいてみると内部には容易に入ることができそうです。

とある廃墟②05

どこからでも入れそうです。

こんな状態なので人が住んでいることはないと判断しました。


とある廃墟②06

家具などは残されていませんが部屋がたくさんあります。

とある廃墟②07

床から竹が突き抜けています。

踏み抜いてしまうほど床は傷んではいませんが自然の力ってすごいですね。


とある廃墟②08

台所です。

この場所が廃墟になってからそれなりに年月が経っているとは思いますが、ガス台や流しは割と最近のです。


とある廃墟②09

よく見ると雨戸や扉も比較的新しいです。

もしかしたら最近まで人が住んでいたのかもしれませんね。


とある廃墟②10

時代の流れを感じることができると思いましたが、今風な部分もあったりで少し萎えてしまいましたねw

入口を発見したときに間違いなく大物だと確信したのですがぬか喜びでした…

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る