2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

クリスタルハウス(2010.06)

 【12//2013】

この廃墟は建物全体がガラス張りになっていることがその名の由来みたいです。

どのような用途で使われていたかは不明ですが、おそらくデザイナーズハウスのような感じだと思います。

霊的な噂としてはラップ現象が起こったり、誰もいないのに建物から人の話し声やピアノの音が聞こえてくる

などです。

幽霊との遭遇は難しくてもラップ現象くらいは期待できそうですね♪

今回も辺りは真っ暗なので発見までに時間がかかると思っていたのですが、なかなか大きな建物だったためすぐに見つかりました。

この場所の特徴であるガラスはほとんどなく枠だけが残っています。

だいたい予想はできていましたが廃墟破壊っ子が放っておくわけありませんもんね…


ch01.jpg

前述のようにガラスは無いのでどこからでも入れます。

入ってすぐに目に付いたのは勝手に鳴り出すというピアノです。

とても音が出るような状態ではありませんでした。


ch02.jpg

ガラスが無いので風雨に晒されているためか床がボロボロです。
床板はすでに抜け落ちているので骨組の上を慎重に歩きます。


ch03.jpg

ch04.jpg

ふと、庭だと思われる場所に目を向けたら小屋のようなものが見えます。
気になったので探索してみましょう。


ch05.jpg

ドアは全開なのでここからお邪魔してみます。

ch06.jpg

特に何かを期待していたわけではありませんが変わった物はありませんでした。

ch07.jpg

再びメインの建物に戻ります。

ch08.jpg

作業場のような場所ですね。

ch09.jpg

作業台の上にノートが開かれた状態で置いてあったので文面を読んでみました。

う~ん、文字は読めるのですが書いてある内容が全く理解できませんでしたw


ch10.jpg

クリスマスカードのような物もありました。

かつてここで暮らしていた家族の思い出の品でしょうか。


ch11.jpg

タイルの色が非常に派手な風呂場です。

ch12.jpg

その後もしばらく探索してみたのですが、特に新たな発見はありませんでした。

ここが普通の民家だとしたら家族はどうなってしまったのか?など我々には関係ありませんが余計な心配をしてしまいます。

夜逃げや一家心中などを思い浮かべる前に、ここはかなり辺鄙な場所にあるので不便を感じて引っ越しただけであっても何の不思議もありませんがw

忘れていましたが期待していたラップ現象も体験できませんでした…

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る