2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

活魚(2010.6)

 【11//2013】

元々はラブホテルだったものが廃業後に割烹料亭を兼ねたホテルとなり、立地の悪さのためか客足が遠のきそれも潰れてしまったらしいです。

廃墟となったこの場所はとても有名でしたが2004年に起きた殺人事件でさらに有名になってしまったみたいですね。

目的地と思われる場所に到着しても辺りは真っ暗なため、なかなか発見できません…。
よく見ると暗闇の中にそれらしきシルエットがありました。


活魚01

入り口にバリケードがありました。
どうやらここに間違いないようです。
内部に入るのは難しいと思いましたが、バリケードの脇から簡単に入れます。


活魚02

入ったはいいもののたくさんの木が道を遮っているため建物の姿は見えません。
この先にあると確信していたのでひらすら歩いていくとありました!


活魚03

現役時はどういう作りになっていたのかはよく分かりませんがフロントみたいですね。

活魚04

フロントから中へ入ってみました。
う~ん、何の部屋だったのでしょうか?
有名スポットなだけに荒らされ方もハンパじゃないです。


活魚05

ここは座敷だったのでしょうか?
程々に面影が残っていないと在りし日の姿の想像すらできませんね…


活魚06

一旦、外に出てみると大量の便器が放置されていました。
この施設の便器か外部から持ち込まれた不法投棄によるものなのかは不明です。


活魚07

別のフロアへ向かうため再び内部へ入りました。
ここもかなり破壊されています。


活魚08

活魚09

二階に到着。
ここでドライブのノリでここへ来たという四人の先客に遭遇しました。
携帯のライトのみで探索していたみたいなので驚きましたねw


活魚10

ラブホテルの名残が強く残っていますね。
全体的にどこも同じような部屋なので面白味はありませんが…


活魚12

活魚13

活魚11

活魚14

二階は比較的状態が良い部屋が多いのですが、ここだけはコンクリートがむき出しになっています。
事実かどうかは不明ですがこの部屋で焼身自殺があったという噂も…。
それよりもこの部屋は手すりのない階段があるので危険な場所です。


活魚15

さらに奥に進むと今は撤去されてしまったようですが「活魚」の看板が掲げられていた塔のような建物があります。
その看板の存在がこの場所が活魚と呼ばれる由来みたいです。
構造上登ったりはできません。


活魚16

生簀が名物だったらしいのですが現在の状態ではそれがどこにあったかも分かりませんでした。

この場所でも霊的な現象や不思議な体験はありませんでしたが、過去に悲しい事件の現場になってしまったことだけは紛れもない事実です。

犠牲になってしまった方のご冥福を祈りつつこの場を後にしました。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る