FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

カテゴリ:廃墟 の記事リスト(エントリー順)

白河高原スキー場と県内の廃墟巡り(2019.11)

 【31//2019】

今回は栃木県にある白河高原スキー場と周辺の廃墟巡りに行って来ました。

というわけで最初にやってきたのはこちらの白河高原スキー場

元々ここは赤面山スキー場でしたが90年代の末ごろにリニューアルを行い改名

しかしその後の経営が悪くなりわずか数年で閉鎖し今に至ります。

それでは張り切ってまいりましょう。


shirakawakougenskijou01.jpg

これでもか、ってくらいに荒らされていますね。

よく見るとスキーの板も持ち去られている形跡もあります。

shirakawakougenskijou02.jpg

いつ頃閉じられたのかは不明ですが二階への階段はシャッターで閉じられています。

持ち上げて開けられないか挑戦してみましたがビクともしませんでしたw

shirakawakougenskijou03.jpg

ここは事務所だと思われます。

物はほとんど残っておらず机などが散乱しています。

他のフロアもボロボロでひどい有様でした。

shirakawakougenskijou04.jpg

この先にリフトや他の施設があるようですが道が
ぬかるんでいる上に草がすごいので断念しました。

撮影を切り上げ次の場所へ向かいます。

shirakawakougenskijou05.jpg

続いては鶏頂山スキー場

車で入れる所まで行こうとしたのですが
道がボコボコで穴だらけな上に封鎖されていました。

歩いて行けない事もないですが時間の都合があるため
今回はやめておきました。

巻かれている鎖や置かれているタイヤなどが
結構綺麗だったのが印象に残りました。

shirakawakougenskijou06.jpg

次に訪れたのはこちらの廃墟群になります。

周辺の草が綺麗に刈られているのでもしかしたら
ここは管理されているかもしれません。

shirakawakougenskijou07.jpg

最後は日光市へ行ってきました。

現役施設と廃墟のコントラストが絶妙です。

車を停めた滝見公園の裏手にも廃墟はありましたが
ガッツリ警備されていました。

shirakawakougenskijou08.jpg

滝見公園のつり橋を渡りしばらく歩くと
こちらのきぬ川本館へ行けます。

ありとあらゆる入り口が画像の様なトタンで閉じられていました。

他にも入り口がないか探してみましたが全くみつかりませんでした。

shirakawakougenskijou09.jpg

今回の廃墟巡りで本格的に探索できたのは
最初の白河高原スキー場だけだったのがとても残念でした。

全体的に管理が徹底され隙がないという印象を受けました。

廃墟探索だけではなくたまには温泉宿で酒でも飲みながら
のんびりするというのもいいかもしれませんね。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

オルゴール館椎坂(2019.05)

 【30//2019】

今回は群馬県にあるオルゴール館椎坂に行ってきました。

ここはどうやら、「誰も通らなくなった巨大施設」という名称でも
知られているようです。

それでは張り切ってまいりましょう。


orgelkan01.jpg

ここはメインの「花とハーブ館」のようです。

入り口はしっかりと施錠され管理されているようです。

orgelkan02.jpg

自販機などは完全に撤去され残っているのは
緊急時に使用できる公衆電話くらいです。

orgelkan03.jpg

こちらは案内図

これを参考にしながら回って行きましょう。

orgelkan04.jpg

ここは軽食やお土産の店

一応看板もありますが言われないと
何の店かわからないくらい片付けられています。

orgelkan05.jpg

ここはウッドデッキがあった場所のようです。

当時はここで食事をしながら景色を眺めていたのでしょう。

今は全て撤去され完全に足の踏み場がない状態になっています。

下は結構な高さの崖で落ちたらヤバそうです。

orgelkan06.jpg

この先はゴルフ場と住宅があるみたいです。

結構広いようなのでゴルフ場の探索は割愛しました。

orgelkan07.jpg

住宅は完全に空っぽで何も残ってない状態でした。

別に夜逃げした、という訳ではないですからね…

orgelkan08.jpg

ちょっと離れた位置にある農産物直売所です。

入り口のガラスは破壊され中はかなり荒らされていました。

orgelkan09.jpg

ここはスキーレンタルの店です。

看板は色あせてしまい近くまで寄らないと
何の店かわからなくなっています。

orgelkan10.jpg

ここは廃墟となってからそんなに時間が経っていないようなので
この場所について検索してみると現役当時の画像などがたくさん出てきます。

それと後からわかった事ですがゴルフ場は「ナニコレ珍百景」で
「山の上からゴルフ」として紹介され登録されたそうです。

そこがどんな場所なのか気になるので
機会があればまた再訪してもいいかもしれません。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

竹尾コーポ(2019.01)

 【28//2019】

今回は茨城県にある竹尾コーポに行ってきました。

建設途中で長いこと放置され今に至っています。

ここは心霊的な噂はないようですが、
とても気味が悪く地元の人もあまり寄り付かないみたいです。

それでは張り切ってまいりましょう。


まずは入ってすぐの建物を撮影

色々とゴミが捨てられているので足元に注意しながら歩きます。

takeocop01.jpg

奥へ進むと更にボロボロになっている建物があります。

takeocop02.jpg

戸が完全になくなっています。

人の手でやったようには見えませんね。

takeocop03.jpg

中はこんな感じでした。

夜逃げの類でしょうか?

残された衣類などが生々しいです。

takeocop04.jpg

takeocop05.jpg

takeocop06.jpg

続いてはこちらの三号棟

中はさきほどの二号棟と同じような感じだったので
割愛しておきます。

入り口近くに捨てられていた車は綺麗なままでした。

takeocop07.jpg

最後は建設途中のまま放置されてしまった棟を撮影

木の黒ずみ具合が時間の経過を物語っているようにも見えます。

二階もあるので登ってみようと思ったのですが
階段はサビで大変な事になっているのでやめておきました。

takeocop08.jpg

takeocop09.jpg

生活感がすごく残る部屋もあれば
綺麗さっぱりモノがなくなっている部屋まで色々ありました。

それと住人のものと思われる日記や手帳、プリクラなども残されていました。

思い出の品などを残していなくなるというのはよほどの事情なのでしょう。

何があったのか?など色々と考えてしまいます。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

とある廃墟⑦(2019.01)

 【31//2019】

今回はたまたま街で見つけた廃墟を探索したので紹介します。

それでは張り切ってまいりましょう。

toaruhaikyo01.jpg

中はご覧のようにものすごい荒れっぷりです。

かなり物が残されたままになっています。

夜逃げの類か何かでしょうか?

カレンダーの日付は2003年でした。

toaruhaikyo02.jpg

金目のもの狙いで荒らした感じがしますね。

足の踏み場がないような状態です。

toaruhaikyo03.jpg

いくつか似た作りの建物があるのですが、他の建物も同じような感じで荒れています。

残留物もすごいですが堅くなっている枯れ草が多く
家から家へ移動する際はかなり苦労を強いられました。

toaruhaikyo04.jpg

これは仏壇でしょうか?

確認してみたかったのですが危険そうなのでやめておきました。

罰当たりもいいところです。

toaruhaikyo05.jpg

別に撮る必要あったのかどうか疑わしいレベルですが
あまりにも懐かしかったのでつい撮ってしまいましたw

スマホが主流になる前はこのタイプの携帯電話が大活躍でしたからね。

toaruhaikyo06.jpg

すこし離れたところに二階建ての家があったので
そこも探索してみようと思います。

toaruhaikyo07.jpg

壁が剥がされここもかなりボロボロになっています。

二階への階段もあったのですが危険だと判断し
一階のみの撮影にとどめておきました。

toaruhaikyo08.jpg

toaruhaikyo09.jpg

偶然見つけた場所にしては、残されている物や廃れ具合など
とても味があり面白い物件でした。

こういった所もいつ無くなるかわからないので
機会があればもう少し探索してみるのも面白いかもしれません。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

山掴集落(2018.10)

 【31//2018】

今回は埼玉県にある山掴集落に行ってきました。

浦山ダム周辺には廃墟となった集落が多くPS2ゲーム「SIREN」の
モデルのひとつになったといわれています。

そこについて調べてみるとだいたい昭和が終わる頃廃墟に
なり今に至るそうです。

それでは張り切ってまいりましょう。

yamatukamishuuraku01.jpg

道は荒れ果て倒木などが多く険しい道をゆっくりと進んでいきます。

木を見てみると倒れてからそんなに時間が経過してないようにみえます。

yamatukamishuuraku02.jpg

早速一軒目の家が見えてきました。

ちょっと中を覗こうと思ったのですが
斜面が急な上に道がないので断念しました。

yamatukamishuuraku03.jpg

この画像だと少々見づらいのですが真ん中ら辺に潰れた家の跡があります。

住居と風呂は別になっており風呂は追い炊き式の古いものでした。

倒壊寸前の状態だったので外から中を覗く程度にとどめておきました。

yamatukamishuuraku04.jpg

集落を登っていくと木の幹の中にマネキンが入っていました。

悪趣味もいいところですw

こうしてここに訪れた人達を長いこと驚かしているのでしょう。

yamatukamishuuraku05.jpg

この先には家が五軒ほどあり
どの家もボロボロでかろうじて残っているといった状態でした。

yamatukamishuuraku06.jpg

yamatukamishuuraku07.jpg

最後はこちらの家を撮影。

造りが他とは明らかに違う上、壁もかなり目立つ色でした。

集落で一番権力のある人の家だったのでしょうか?

yamatukamishuuraku08.jpg

中には無造作に置かれたダンボールと古い人形がありました。

壁に貼られたカレンダーもいい味を出しています。

いつの時代のものでしょうかね?

yamatukamishuuraku09.jpg

ここはもう終末を待つだけ、といった感じでした。

建物がまだ残っているだけでもいい方なのかな?

かなり難易度の高いハイキングでしたが楽しめたので良しとします。

少々肌寒い季節を選んで正解でした。

これが真夏だったら洒落になってませんからね…

近くには山掴トンネルがあり撮影をしましたが
ただ薄暗く不気味なだけだったので割愛しました。

ついでに浦山ダムも探索してきたので、それは次回にでも
紹介できればなと思います。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る