FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

天竜大明神池(2020.09.20)

 【30//2020】

今回は長野県にある天竜大明神池に行ってきました。

この場所では昔、女性の腐乱死体がみつかり
大変な騒ぎとなったそうです。

その為、女性のみで行くと霊障に遭遇しやすく危険だと言われています。

他にもここではこんな噂があると聞きました。

・深夜に池をのぞき込むと白い手に足をつかまれる

・鬼のような形相で女性が追いかけてくる

・参道にかかる小さな橋の周辺を歩くと黒い影が追いかけてくる

などといった話です。

それでは張り切ってまいりましょう。


こちらが噂の池ですね。

周辺には街灯などが一切ないのでしっかり足元を照らさないと
本当に転落する危険があります。

tenryumyoujinike01.jpg

参道に向かって歩くと小さな橋があり
それを渡ると鳥居があります。

もう少し荒れているイメージがあったのですが
しっかりと手入れされています。

tenryumyoujinike02.jpg

こちらが鳥居になります。

結構立派な作りになっています。

tenryumyoujinike03.jpg

鳥居を超えた先には遊具があります。

今はテープが張られていて入れないようになっています。

恐らく老朽化によるものだと思われます。

一昔前は子供たちが憩いの場にしていたのでしょう。

こういうのを見ると少し寂しくなります。

tenryumyoujinike04.jpg

まだ先があるみたいですね。

奥のほうに石段が見えます。

tenryumyoujinike05.jpg

石段の雰囲気がたまりませんね。

ゆっくりと登っていきましょう。

tenryumyoujinike06.jpg

先には狛犬と社が見えます。

日差しがいい感じに照らされ神々しく見えます。

tenryumyoujinike07.jpg

社には酒と花が供えられていますが
かなり時間が経過しており汚れていました。

この先は何もなさそうなので戻るとしましょう。

tenryumyoujinike08.jpg

周辺の山道の案内図です。

かなり色あせていて文字がところどころ見えなくなっています。

tenryumyoujinike09.jpg

そのすぐ近くには炊事場があり大きな窯がありました。

今は使用された形跡はなくとても綺麗に片付いていました。

tenryumyoujinike10.jpg

住宅街の奥地にあるせいかこの池周辺は
本当に静かな場所でした。

長野県はかなりスポットが多く
何回かに分けていかないと全てを回るのは困難だと思われます。

その辺は時間をかけてじっくりと探索していこうと考えています。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

東植竹公園と松原公園(2020.08)

 【31//2020】

今回は埼玉県にある東植竹公園と松原公園に行ってきました。

さいたま市の住宅街にある東植竹公園周辺は昔、伝染病院の跡地がありました。

霊感のある人が公園内にいるとうっすらと何か人の気配を感じるみたいです。

しかも一人の気配だけでなく大人数の気配だとか…

ここではこんな噂があると聞きました。

・深夜公園のベンチで座っていると病院で亡くなった人が声をかけてくる

・どこからともなく子供の笑い声が聞こえてくる

・踏切で自殺した人の霊が肩を叩いてくる

という話がありました。

それでは張り切ってまいりましょう。

uetakematubara01.jpg

カラスの鳴き声がとてもうるさくかなり気味が悪いです。

正直長居したくないですね…

uetakematubara02.jpg

ベンチに座って一休み

朝の風がとても心地よいです。

uetakematubara03.jpg

規模はそんなに大きくはありませんが遊具もあり
子供が遊ぶには十分な環境だと思われます。

uetakematubara04.jpg

何かあるという訳ではありませんが
公園のトイレはどうも雰囲気が苦手です。

気のせいだと思われますが
妙にそこだけ空気違う様な気がします。

それでは次のスポットに向かいましょう。

uetakematubara05.jpg


次のスポットはさいたま市にある松原公園です。

過去にこの公園周辺では殺人事件や
死体遺棄事件があった場所だと噂されています。

そんな松原公園ではこんな霊の噂があります。

・深夜、風もないのにブランコが揺れている

・子供の霊が家までついてくる

・母親を探しさまよう幼子の霊が現れる

という話があります。

それでは張り切ってまいりましょう。

uetakematubara06.jpg

先ほどの東植竹公園とは違って遊具が少なく広場が多いです。

昼間にでもなるとボール遊びをする子供たちで賑わうのでしょう。

uetakematubara07.jpg

ベンチはありますが屋根がないので雨除けにはなりません。

このさび付き具合がいい味を出しています。

uetakematubara08.jpg

公園の奥には大きなすべり台がありました。

ちょっと試しに滑ってみたのですが結構な速度で滑る為
気を付けないと大人でもケガする可能性が高いです。

uetakematubara09.jpg

夏場だけあって虫が多く色々と気を使いながらの探索をしました。

早朝の夏休みの公園で思い出しましたが
今年は休みが短いため
ラジオ体操をやってないところが多いようです。

ちょっと鉢合わせしたらどうしようかな?と思っていたのですが
その心配はありませんでした。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

滝沢ダム(2020.07)

 【31//2020】

今回は埼玉県にある滝沢ダムに行ってきました。

秩父市には、裏山ダム、二瀬ダム、合角ダム、滝沢ダムと
四つのダムがあります。

それぞれ観光スポットとして名前が知られています。

そしてここではこんな噂を聞きました。

・誤って転落死した子供の霊が親を求めて夜な夜なさまよっている

・下を覗いていると作業着姿の霊に引きづりこまれる

・早朝一人でダム周辺を歩いているとたくさんの足音が聞こえてくる

などという噂があるみたいです。

それでは張り切ってまいりましょう。

takizawadam01.jpg

この日は天気も良く観光日和ではありましたが
人影は少なかったです。

静かなのは良いのですがあまりにも静かすぎるのも寂しいものです。

takizawadam02.jpg

奥に見えるのはループ橋です。

ちなみにあの橋は雷電廿六木橋(らいでんとどろきはし)
とよばれています。

takizawadam03.jpg

そして歩いて五分ちょっとで反対側に到着です。

なんかもう心霊スポット探索をしているのか癒しを求めているのか
わからなくなっていますw

takizawadam04.jpg

だいたいのダムって奥はほとんと通行止めになっています。

きっと放置されて自然のままになっているのでしょう。

機会があれば行けるところまで歩いてみたいものです。

takizawadam05.jpg

その横にはこちらの石碑があります。

それなりに歴史が深いダムのようです。

takizawadam06.jpg

今日はせっかく来たのでエレベーターを使いダムの
内部に行ってみようと思います。

ちなみに七月一日に内部通路と堤内エレベーターの開放が
再開されたみたいです。

今まで色々なダムを探索しましたがこういうのは
本当に初めてでドキドキします。

一番下の階まではだいたい3分ちょっとくらいで行けます。

takizawadam07.jpg

というわけでダムの下の部分に到着しました。

目安ですが階段で降りると約30分ほどかかるみたいです。

takizawadam08.jpg

その先にはベンチがあります。

さすがに疲れたので軽く休憩を取りました。

この日は放水があり音と水しぶきがすごかったです。

takizawadam09.jpg

秩父市は心霊スポットや廃集落などが多くあり
我々のような人間にはたまらない場所になっていますw

ちょっと前まではダムカードの配布が行われていましたが
今は休止されているようです。

いつか落ち着いて元の日常が戻ることを祈ります。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

旧市場坂橋(2020.06)

 【30//2020】

今回は埼玉県にある旧市場坂橋に行ってきました。

元々は新市場坂橋が作られるために
1997年頃取り壊しされる予定だったのですが中止になったようです。

そしてここではこの様な噂を聞く事ができました。

・橋から身投げをした老婆と女学生の霊が夜な夜なさまよっている

・お地蔵様の表情が笑っているのを見ると死ぬ

などという話があります。

それでは張り切ってまいりましょう。

kyuichibazaka01.jpg

これが噂のお地蔵様のようです。

供えられている花は見る限りでは
割と最近交換されたような感じがします。

kyuichibazaka02.jpg

確かにお腹の辺りはセメントで補修されたような跡があります。

その補修跡の下には人の顔のようなものがあるらしく
それを見た人は体調を悪くし
何日間も寝込んでしまうという話があるみたいです。

kyuichibazaka03.jpg

少し歩くと橋の下に行ける道があります。

散歩するにはもってこいの感じになっています。

kyuichibazaka04.jpg

右側には新市場坂橋が見えます。

この日はかなり天気が良く少し歩くだけでも汗が出てきます。

kyuichibazaka05.jpg

それでは川を見てましょう。

この画像だと少々伝わりにくいですが
川は透明度が高く魚が泳いでいるのが見えました。

川も綺麗だし天気も良いので釣りをしている人がいても
おかしくないのですが誰もいませんでした。

kyuichibazaka06.jpg

kyuichibazaka07.jpg

橋はどうやらここまでのようです。

歩行者や自転車の専用道路として利用されているため
ゴミなども落ちてなくとても綺麗でした。

kyuichibazaka08.jpg

反対側にある祠はお地蔵様があった祠と違って
ちょっと荒れている感じになっています。

kyuichibazaka09.jpg

新しい橋と古い橋が並ぶなんとも不思議なスポットでした。

霊的な噂が流れるまではただの古いの橋でしたが
尾びれ背びれがついて有名になってしまったと思われます。

ちなみに旧市場坂橋についての情報を調べていると
1997年頃に訪れた記事を見つけました。

ここはかなり心霊スポットとして歴史がある事に驚きました。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

新三郷のトンネルと瀬崎角田公園(2018.04)

 【31//2020】

今回は埼玉県にある新三郷のトンネルと瀬崎角田公園に行ってきました。

埼玉県の化けトンで検索すると必ずと言っていいほど出てきます。

ちなみにここの正式名称は采女(うねめ)トンネル

土地の名前から取ったと言われています。

この周辺は昔、墓地があったようですが
お祓いをせず無理やりトンネルを作ったせいで
霊障が起こるようになったそうです。

ここで聞いた噂は以下の通り

・夜中に和服の女性の霊が現れる

・歩道を歩いているとトンネルの壁から無数の手が出てきて掴まれる

などという話があります。

それでは張り切ってまいりましょう。


shinmisatokakuda01.jpg

近くには駅などがあるため日中は交通量が多いですが
夜になるとほとんど車通りが減り静かになります。

shinmisatokakuda02.jpg

トンネルお約束の落書きも味が出ていい感じです。

落書きされてからかなり時間が経過しているように見えます。

shinmisatokakuda03.jpg

距離はそんなに長くはなく歩いて五分もかからず反対側に行けます。

歩道は結構狭いので人がギリギリすれ違えるかどうかのレベルです。

shinmisatokakuda04.jpg

反対側の入り口はこんな感じになっています。

街灯がないので本当に真っ暗です。

この画像だけだとこの先にトンネルがあるなんてわかりませんね。

それでは次のスポットに向かいましょう。

shinmisatokakuda05.jpg


続いてはこちらの瀬崎角田公園です。

火葬場の近くに存在するこの場所ではこんな噂があるみたいです。

・霊感のある人が夜公園内を歩いていると後頭部に強い痛みを感じる

・たくさんの黒い影のようなものが公園内に入っていくのを目撃した

・トイレとブランコ付近で強い霊気を感じ体調を悪くした

こういう噂を聞くとちょっとワクワクしちゃいます。

ちょっとくらいはそういった霊障に遭遇してみたいと思う今日この頃w

それでは再び張り切ってまいりましょう。


shinmisatokakuda06.jpg

昼は親子連れで賑わう公園もこの時間帯は誰もいません。

とても静かでちょっと気味が悪いものです。

shinmisatokakuda07.jpg

shinmisatokakuda08.jpg

ここが噂のトイレとブランコです。

妙にトイレが明るいのが印象的でした。

見どころはこれくらいだと思われます。

shinmisatokakuda09.jpg

真相のほどはわかりませんが、
新三郷のトンネルついて更に調べてみると

原因不明の事故が多発したせいで市から
「霊が出没するのでなるべく通らないように」
という通達まであったそうです。

それが本当だったらとんでもない場所ですね…

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る