FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

今谷刑場跡と増尾城址公園(2020.01)

 【31//2020】

今回は千葉県柏市にある今谷刑場跡と増尾城址公園に行ってきました。

今谷刑場跡は大正初期頃まで、首切り用に堀ったとされる穴が
窪地になって残っていたそうですが
現在は道路になってしまい全く残っていません。

ここではこんな噂があるみたいです。

・この地に引っ越してから原因不明の病気になった

・深夜になると刑場跡周辺に幽霊が現れる

果たしてその真相は?

それでは張り切ってまいりましょう。

imayakeijoutomasuo01.jpg

住宅街のど真ん中にあり
車を停める場所がみつからず急いで撮影しました。

すぐ裏には墓があり手入れが行き届いています。

それでは次の探索場所に向かいましょう。

imayakeijoutomasuo02.jpg

続いてのスポットはこちらの増尾城址公園になります。

ここは鎌倉時代から戦国時代まで城山が築かれていたそうです。

霊的な情報について調べてみるとこんな話がありました。

・首のない武者の霊がさまよっている

・夜中に一人で歩いていると落ち葉の踏む音が聞こえてくる

・2011年頃、変死体が発見されその霊が現れる

果たして霊との遭遇はあるのでしょうか?

それでは探索を始めましょう。

ここは旧公園と新公園の2種類があり
まず最初に訪れたのはこちらの旧公園です。

適当に散策を済ませ新公園の方へ向かいます。

imayakeijoutomasuo03.jpg

旧公園から新公園までの移動は
徒歩でも車でもちょっと距離がありました。

自分たちが停めた駐車場は朝九時から夜五時まで使えます。

それ以降は完全に閉じられてしまいますので注意が必要です。

imayakeijoutomasuo04.jpg

結構深い森なので雰囲気がすごく出ていると思います。

imayakeijoutomasuo05.jpg

ここで道中見つけた遊具を撮影

現在は安全のため大きな遊具は、ほとんどの公園から撤去されています。

昔はこういう遊具でケガをしながら遊びを覚えたものです。

imayakeijoutomasuo06.jpg

imayakeijoutomasuo07.jpg

そこからしばらく進むとバーベキュー場があります。

人の気配は全くなくとても静かでした。

imayakeijoutomasuo08.jpg

こちらは管理事務所になります。

受付の近くにはおもちゃなどが無造作に置かれていました。

すぐ横には車を停めた駐車場があります。

グルっと一周回った感じになりました。

imayakeijoutomasuo09.jpg

昼間でも独特の空気と静寂があり良いスポットです。

とはいえ、近隣の人達にとっては憩いの場

時間帯によっては完全に場違いになってしまうでしょうw

この周辺は色々とスポットがあるので
いくつか巡って報告したいと思います。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

白河高原スキー場と県内の廃墟巡り(2019.11)

 【31//2019】

今回は栃木県にある白河高原スキー場と周辺の廃墟巡りに行って来ました。

というわけで最初にやってきたのはこちらの白河高原スキー場

元々ここは赤面山スキー場でしたが90年代の末ごろにリニューアルを行い改名

しかしその後の経営が悪くなりわずか数年で閉鎖し今に至ります。

それでは張り切ってまいりましょう。


shirakawakougenskijou01.jpg

これでもか、ってくらいに荒らされていますね。

よく見るとスキーの板も持ち去られている形跡もあります。

shirakawakougenskijou02.jpg

いつ頃閉じられたのかは不明ですが二階への階段はシャッターで閉じられています。

持ち上げて開けられないか挑戦してみましたがビクともしませんでしたw

shirakawakougenskijou03.jpg

ここは事務所だと思われます。

物はほとんど残っておらず机などが散乱しています。

他のフロアもボロボロでひどい有様でした。

shirakawakougenskijou04.jpg

この先にリフトや他の施設があるようですが道が
ぬかるんでいる上に草がすごいので断念しました。

撮影を切り上げ次の場所へ向かいます。

shirakawakougenskijou05.jpg

続いては鶏頂山スキー場

車で入れる所まで行こうとしたのですが
道がボコボコで穴だらけな上に封鎖されていました。

歩いて行けない事もないですが時間の都合があるため
今回はやめておきました。

巻かれている鎖や置かれているタイヤなどが
結構綺麗だったのが印象に残りました。

shirakawakougenskijou06.jpg

次に訪れたのはこちらの廃墟群になります。

周辺の草が綺麗に刈られているのでもしかしたら
ここは管理されているかもしれません。

shirakawakougenskijou07.jpg

最後は日光市へ行ってきました。

現役施設と廃墟のコントラストが絶妙です。

車を停めた滝見公園の裏手にも廃墟はありましたが
ガッツリ警備されていました。

shirakawakougenskijou08.jpg

滝見公園のつり橋を渡りしばらく歩くと
こちらのきぬ川本館へ行けます。

ありとあらゆる入り口が画像の様なトタンで閉じられていました。

他にも入り口がないか探してみましたが全くみつかりませんでした。

shirakawakougenskijou09.jpg

今回の廃墟巡りで本格的に探索できたのは
最初の白河高原スキー場だけだったのがとても残念でした。

全体的に管理が徹底され隙がないという印象を受けました。

廃墟探索だけではなくたまには温泉宿で酒でも飲みながら
のんびりするというのもいいかもしれませんね。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ふるさと緑の景観地と将門の首塚(2019.11)

 【30//2019】

今回は埼玉県にあるふるさと緑の景観地と東京都にある将門の首塚に行ってきました。

なんでも一部でここは「第二の富士樹海」などと言われているようです。

その理由がこちら

・自殺者が後を絶たず白骨遺体が発見され地元の人達から恐れられている

・この森の所有者を巡って親族が争い家族間での殺人があった

という噂を聞きました。

果たしてその真相は?

それでは張り切ってまいりましょう。

midorinokeikanchi01.jpg

こちらが案内図になります。

結構な広さがあるので探索しがいがありそうですね。

midorinokeikanchi02.jpg

森の中を少し歩いたところでこんな注意書きが…

結構他でも話をしていますが、正直我々は霊よりもこっちの方が怖いですw

虫には話が通じませんからね。

ロープを無理に通らず他のルートで行きましょう。

midorinokeikanchi03.jpg

あまり手入れはされてはいないものの歩道があるので
普通に歩く分には問題なさそうです。

モグラの穴などを多く見かけたのでもしかしたら
自然のままにしているだけかもしれませんね。

midorinokeikanchi04.jpg

しばらく歩くと農具などが置かれている小屋を発見

ここは一部の土地を使って農業をやっていると思われます。

midorinokeikanchi05.jpg

ベンチには「緑のトラスト運動」のパンフレットがありました。

埼玉県の自然を守る活動のようです。

探索もほどほどに切り上げ次のスポットを紹介します。

midorinokeikanchi06.jpg

続いて訪れたのはこちらの将門の首塚

東京都を代表する心霊スポットとしても有名ですが
パワースポットしても名前が知られているようです。

調べてみると首塚ではこんな話がありました。

こちらはほんの一部です

・首塚を取り壊す為、重機を入れようとしたところ突然ひっくり返り運転手が命を落とした

・ある芸人が首塚を蹴りその祟りでしばらく仕事が来なくなった

・隣接するビルは首塚に尻を向けないように机の配置をしている

曰くや祟りの話が本当に多く現在でも数々の不可思議な事件が起こっていると言われています。

それでは張り切ってまいりましょう。

midorinokeikanchi07.jpg

参拝に訪れている人達が何人かいました

常に人がいるといった感じの場所ですね。

midorinokeikanchi08.jpg

オフィス街の中にひっそりと存在している不思議な場所です。

関東が守られているのも、この首塚のおかげではないかと言われています。

midorinokeikanchi09.jpg

ふるさと緑の景観地は昼間でも薄暗く雰囲気がかなりあって良かったです。

霊的な噂があるとはいえ、地元の人と思われる方が犬の散歩をしていたり
子供たちが遊んでいたりなど近所では憩いの場として利用されているのでしょう。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

正善寺ダム(2019.04)

 【31//2019】

今回は新潟県にある正善寺ダムに行ってきました。

この場所で噂されている話は

・ダム周辺の橋を歩いていると背後から声をかけられ振り返ると誰もいない

・夜中に湖畔の散歩道を歩いていると足のない女性の霊が現れる

などという話を聞きました。

ここはどちらかといえば長野よりのスポットだったのでなかなか
行く機会がなくようやく探索できました。

それでは張り切ってまいりましょう。


shouzenjidam01.jpg

この日は曇りだったのでとても涼しく散歩するには
ちょうど良い感じでした。

私達以外にも家族連れで来ている方もちらほらといました。

shouzenjidam02.jpg

ダム周辺図で探索する場所を確認してみましょう。

噂の散歩道はこの奥にあるようです。

shouzenjidam03.jpg

距離はだいたい100メートルちょいといったところです。

歩道を進んで行きましょう。

shouzenjidam04.jpg

ダムはスポットとしても良いですが景色を楽しむのもまた一興だと思います。

shouzenjidam05.jpg

shouzenjidam06.jpg

この先は完全に通行止めのようです。

鎌などで草を刈りながらでないと進むのは厳しいかもしれません。

他にもルートがないか探してみましょう。

shouzenjidam07.jpg

逆側から撮影

奥に見える建物は管理事務所です。

そういえば駐車場先ほど話した家族連れなどがいたのですが
この周辺には一切人がいませんでしたね。

こっち方面には興味ないのかな?

shouzenjidam08.jpg

この橋から相当歩くみたいですが周辺図によると散歩道はここから行けるみたいです。

橋を渡ろうとした時、手前にかなり大きなハチが何匹も飛び回っていて
断念せざるを得ない状況になりました。

shouzenjidam09.jpg

地図を調べると他にも行ける道路があったのですが
そこも通行止めになっていました。

完全に放置されていると思われます。

この帰りに長野県で有名な廃墟をいくつか巡ったのですが
ほとんどが雪で崩落しかけている危険なところばかりでした。

相当時間が経っているので仕方がありません。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

オルゴール館椎坂(2019.05)

 【30//2019】

今回は群馬県にあるオルゴール館椎坂に行ってきました。

ここはどうやら、「誰も通らなくなった巨大施設」という名称でも
知られているようです。

それでは張り切ってまいりましょう。


orgelkan01.jpg

ここはメインの「花とハーブ館」のようです。

入り口はしっかりと施錠され管理されているようです。

orgelkan02.jpg

自販機などは完全に撤去され残っているのは
緊急時に使用できる公衆電話くらいです。

orgelkan03.jpg

こちらは案内図

これを参考にしながら回って行きましょう。

orgelkan04.jpg

ここは軽食やお土産の店

一応看板もありますが言われないと
何の店かわからないくらい片付けられています。

orgelkan05.jpg

ここはウッドデッキがあった場所のようです。

当時はここで食事をしながら景色を眺めていたのでしょう。

今は全て撤去され完全に足の踏み場がない状態になっています。

下は結構な高さの崖で落ちたらヤバそうです。

orgelkan06.jpg

この先はゴルフ場と住宅があるみたいです。

結構広いようなのでゴルフ場の探索は割愛しました。

orgelkan07.jpg

住宅は完全に空っぽで何も残ってない状態でした。

別に夜逃げした、という訳ではないですからね…

orgelkan08.jpg

ちょっと離れた位置にある農産物直売所です。

入り口のガラスは破壊され中はかなり荒らされていました。

orgelkan09.jpg

ここはスキーレンタルの店です。

看板は色あせてしまい近くまで寄らないと
何の店かわからなくなっています。

orgelkan10.jpg

ここは廃墟となってからそんなに時間が経っていないようなので
この場所について検索してみると現役当時の画像などがたくさん出てきます。

それと後からわかった事ですがゴルフ場は「ナニコレ珍百景」で
「山の上からゴルフ」として紹介され登録されたそうです。

そこがどんな場所なのか気になるので
機会があればまた再訪してもいいかもしれません。

では!

スポンサードリンク

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る