2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

旧五十島トンネル(2017.05)

 【31//2017】

今回も5月の連休中に訪れた新潟県の心霊スポットを紹介します。

阿賀町国道49号線にある五十島トンネルの
すぐ横の旧五十島トンネルです。

隣には阿賀野川があり、絶えず川の音が聞こえてきます。

なんでも、深夜にここを訪れると
その川の音に混じって女性のうめき声が聞こえてきたりするとか…

他にもトンネルの中を歩いていると
白装束の女性が現れて、それを見ると祟られる、という話もあるみたいです。

やはり川があるので、そこで溺れて亡くなった方の怨念でも
あるのでしょうか?

ただの川の音も捉え方一つで怖いと感じてしまいます。

それでは張り切ってまいりましょう。


柵やコンクリもかなり年季が入っています。

置かれてから相当時間が経っているのでしょう。

kyuigashimatunnel01.jpg

もっと道は荒れているというイメージがありましたが
こうしてみるとかなり状態が良いと思われます。

よく見ると、ところどころに
犬のフンが落ちていました。

散歩コースでここを使っている人いるのかな?

kyuigashimatunnel02.jpg

10分前後歩くと、目的のトンネルが見えてきました。

その前にこのぬかっている道を抜けないといけません。

つま先立ちでゆっくりと渡ります。

kyuigashimatunnel03.jpg

トンネルの入り口付近に到着。

荒れ具合がなんとも絶妙です。

自然とテンションが上がり、いつの間にか早足になっていました。

kyuigashimatunnel04.jpg

ここの道を良く見るとすごい砂が積もっています。

恐らく災害があった際
川の水がここまで流れてくるのでしょうか?

そう考えるとかなり怖いですね。

kyuigashimatunnel05.jpg

自然と一体化しつつある自転車

心霊とは全く関係のないものですが
こういう場所に放置されているモノを見ると
色々と時代背景などを考えてしまいます。

kyuigashimatunnel06.jpg

トンネルの反対側を撮影

緑がすごい綺麗ですが、かなり侵食されている様子です。

自然と一体化するのも、そう遠くはないでしょう。

kyuigashimatunnel07.jpg

季節が季節なだけにスズメバチへの警戒だけは怠りませんでした。

本当に怖いので刺されたら楽しい旅が台無しになってしまいます…

今のところ大きなケガやトラブルはないので安心していますが
油断は禁物です。

ここに関しては時間に余裕があればテントでも張って
のんびりと過ごしたいと思える様なスポットでしたw

色々と名残惜しいですが次の場所に向かうとします。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

どんち池(2017.05)

 【31//2017】

今回も新潟県にある心霊スポットを紹介します。

霊園のど真ん中にある、どんち池に行ってきました。

新潟県で検索すると必ずと言っていいほど出てくるこの場所。

ここで聞いた霊の噂としては

・この周辺を車で走っているとカーステレオから、男性か女性か
 わからないうめき声がノイズに混ざって聞こえてくる。

・夜中に霊園の中を歩いていると、異常な足音が迫ってくる。

などという話を聞きました。

我々はここでどんな体験をするのでしょうか?

それでは張り切ってまいりましょう!



まずは入り口から撮影。

近くにある建物は恐らく事務室の類だと思われます。

中には一休みしている関係者らしき方がいました。

donchiike01.jpg

特に荒れた様子もなくしっかり手入れされています。

どんち池はこの先にあるようです。

donchiike02.jpg

歩くこと数分で、池が見えてきました。

すごく穏やかですね。

こうしてみると、とても心霊スポットとは思えませんw

donchiike03.jpg

この画像だと少々わかりにくいかもしれませんが

亀さんが写っています。

donchiike04.jpg

池の近くへは、ここから行けそうです。

これ、夜だったら入るのをためらうレベル…

よく見ると人が歩いた形跡が残っているので
それを目印にして進んでみます。

donchiike05.jpg

池の近くに到着。

ここまでの道中、少し急な斜面はあるものの
しっかり足元を見てゆっくり歩けば余裕でした。

野鳥とかいるのかな?

と思ったのですが、そういう類のものは一切いませんでした。

donchiike06.jpg

ギリギリまで近づいて撮影。

これ以上進むと落ちる危険があるので、これが限界です。

さっき撮った亀を見ようとしたのですが
もういませんでした。

donchiike07.jpg

ここまで向かう途中、管理人と思われる方がいて
すごい見られてましたねw

特に不審な行動をしているわけではないと思うので
何か聞かれても大丈夫かと…

日中の探索のためか、穏やかで
心が落ちつくスポットでした。

ボートでもあればのんびり池を満喫したい。

正直、ここに何をしに来たか忘れてしまうレベルでした。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

旧後山隧道(2017.05)

 【30//2017】

今回も新潟県の心霊スポット巡りのレポートです。

魚沼市にある旧後山隧道に行ってきました。

なんでもここでは雨の降る4のつく日には行ってはいけない

という噂があるみたいです。

その日に行くと恐ろしい事が起こるとか…


それでは張り切ってまいりましょう!

このスポットで何よりも驚いたのは
入り口に残っている大量の雪でした。

もう5月だというのにこの雪はすごくないですか?

kyuushiroyamatunnel01.jpg

その横には川がありましたが
川にもガッツリ雪が残っていました。

川の上を歩いてみたいですが
万が一落ちたら洒落にならなそうなので
やめておきますw

kyuushiroyamatunnel02.jpg

トンネルの中は少々水のシミがあるものの
現役で使われているのかな?と思えるくらいでした。

雪で埋もれて見えなくなっていますが
入り口には黄色と黒の車止めのブロックがありますが

軽トラやバイクなら余裕で通れる幅なので
もしかしたら地元の方が使っているのでしょう。

kyuushiroyamatunnel03.jpg

天井はよく見ると電気の線があります。

このトンネルは電灯が見当たらなかったので
夜は真っ暗だと思います。

kyuushiroyamatunnel04.jpg

奥に進むと先ほどよりも水のシミが多くなっています。

化けトン特有?の落書きも全然見当たりませんでした。

kyuushiroyamatunnel05.jpg

不法投棄?

恐らく役目を終えたミラーやポールであろう。

ガードレールもあったので現役当時は
しっかり使われていたのだろうなぁ…

ただこうして無造作に置いてある姿もちょっと寂しい。

kyuushiroyamatunnel06.jpg

kyuushiroyamatunnel07.jpg

反対側から撮影。

右側にある小さな穴は誰かが掘ったと思われます。

もうちょっと綺麗だったらくぐって遊んでもよかったかもしれないw

kyuushiroyamatunnel08.jpg

それにしても景色がとても綺麗だ。

こうしていると
何をしにきたのか忘れてしまうくらい癒される。

地元にはない時間の流れの緩やかさと
穏やかさがここにはあるのではないでしょうか?

kyuushiroyamatunnel09.jpg

ちなみにここを訪れたのは5月3日

もう1日遅かったら、ここで何か恐ろしい事が
起こっていたのかもしれません。

そういうのって時間帯にも、よりけりだったりするのかな?

のんびりとした雰囲気と景色に癒されながら
次のスポットに向かいます。

いつか機会があったら冬の新潟もいってみたいな…

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

柳澤隧道(2017.05)

 【31//2017】

今年も連休を利用し新潟県の心霊スポット巡りを行いました。

最初は南魚沼市にある柳澤隧道です。

なんでもここでは不気味に動く黒い影や
謎の白い光を見たなどという噂があると言われています。

話を聞く限りではとても気持ちの悪い話です。

途中までは車で行く事ができますが
画像の様に通行止めされていたので車を近くに停め
歩いていくことにしました。

yanagisawatunnel01.jpg

その近くには廃墟があったのでついでに撮影。

それでは行ってきます。

yanagisawatunnel02.jpg

山道だけあって急な坂道も多く結構しんどい…

yanagisawatunnel03.jpg

yanagisawatunnel04.jpg

腰を掛ける場所なんてないので地べたに座って休憩

何も考えないでボケーっとするのも悪くない

飲み物を持って来て正解だった。

まだ春先だから良いのですが夏場だったら
もっと大変だろうな。

写真を取り忘れてしまったが雪の重みで
倒れている木を多く見かけた。

だいたい歩いて10分くらいだろうか?

目的の柳澤隧道に到着した。

yanagisawatunnel05.jpg

トンネルの中はわりと綺麗で、落書きもなかったです。

ところどころに水が染み出ていましたが
あまり気にならないレベルだと思います。

yanagisawatunnel06.jpg

トンネルを抜け反対側を撮影

こういう場所って冬場だったら雪で
埋もれてすごいのだろうな…

yanagisawatunnel07.jpg

ちょっと向こう側を歩いていこうかな?
と思ったのですが、あまりのんびりしている
余裕がないので撤収するとします。

yanagisawatunnel08.jpg

天気は良かったのですが気温が低く寒かったです。

汗が出てもすぐ乾くので油断していると風邪を引きそうな感じでした。

後から気がついたのですが、このトンネルを探索する場合は
反対側から行ったほうがよかったのではないかと思いました。

ただどの辺から車両通行止めがかかっているのか
わからないので、もしかしたら歩く距離はどっちもどっちかもしれません。

朝の散歩としては少々ハードでしたが良い探索でした。

さて、次はどんなワクワクが待っているのでしょうか?

この調子でどんどん行きましょう♪

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

白旗塚と多摩湖の山門(2017.04)

 【30//2017】

埼玉県所沢市に位置するこの場所は
かつて激しい戦が繰り広げられたと言われています。

夜になるとこの周辺を鎧武者達がさまよい歩いている
などの噂があるみたいです。

ここは住宅街のド真ん中にあるので静かに
歩いて行きましょう。

shirohatadukatotamakosanmon01.jpg

石碑の横にはここの正式名称の
「小手指ヶ原古戦場」について説明がありました。

shirohatadukatotamakosanmon02.jpg

白旗塚へ向かう道は外灯がなく完全に真っ暗なので
ちょっと気味が悪いです。

shirohatadukatotamakosanmon03.jpg

この画像だと少々見づらいのですが
急な階段がありそこから白旗塚に行けます。

その階段は無理やり作った感がすごいので
足元を見ながらゆっくり歩かないと転倒するので注意ですね。

shirohatadukatotamakosanmon04.jpg

「白旗塚」と書かれている石碑とその横にある祠?です。

よく見ると少し開いています。

中に何が入ってるかが気になりますが
こういうものを勝手に開けるのは
ちょっと抵抗あるのでやめておきます。

撮影もこの辺にしておいて次のスポットへ移動します。

shirohatadukatotamakosanmon05.jpg

shirohatadukatotamakosanmon06.jpg



ここは西武球場の近くにある「多摩湖の山門」です。

かなり前に訪れた「旅荘赤坂」から近い位置にあります。

なんでもここは取り壊しをしようとするとおかしな事故が多発し
手を付けられない状態だとか…

それ以外にも昔、この山門で男性が首吊り自殺したという話を聞きました。

門の内部はご覧のように柵が二重に張られています。

入ろうと思えば容易に入れそうです。

shirohatadukatotamakosanmon07.jpg

山門を抜けたところには階段があるだけでした。

その先に昔は寺があったのでしょう。

今はただの原っぱになっていました。

画像はオーブっぽいものが写っていますが
雨が降っていたのでそのせいだと思われます。

shirohatadukatotamakosanmon08.jpg

心霊スポットや廃墟はいつまであるかわからないので、
探索できる内にしておいて正解だったという事も多々あります。

過去に訪れた場所を再訪してみると大半は解体されたり
買い取られて全く別モノになっているという事も
珍しくはありません。

では!

スポンサードリンク

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る