fc2ブログ
2024 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2024 06

上尾丸山公園(2024.02)

 【21//2024】

今回は埼玉県上尾市にある上尾丸山公園に行ってきました。

充実した遊具に野鳥鑑賞ができる池など
幅広い年代に親しまれています。

しかし20年以上も前には女性看護師の遺体遺棄事件が起こり
それから霊障や目撃情報などが増え
心霊スポットとして有名になったとも言われています。

こんな霊の噂があるようです。

・深夜に池を覗くと白い腕が無数に出てくる

・首つり自殺で亡くなった人の霊に追いかけられる

・遊具で遊ぶ子供の霊が現れる

などがあるようです。

他にも霊感の強い人が訪れると霊障を受けるくらい
危険な場所だともいわれているようです。

それでは張り切ってまいりましょう。

maruage01.jpg

入り口から少し歩くと児童遊園地があります。

早朝の為、散歩している人が少しいるくらいで
誰も遊具で遊んでいる人はいませんでした。

maruage02.jpg

続いてはかなりかすれている案内図になります。

こうしてみて見ると結構な規模があるようです。

maruage03.jpg

池はご覧の様に水がなく歩けるくらいにまでなっています。

これだと幽霊も出てこれません。

maruage04.jpg

更にその横の池にはゴツいカメラを持った人たちが
たくさんいました。

どうやらバードウォッチングができるようです。

maruage05.jpg

左に見える茶色い建物が売店になります。

こういう店が公園内にあるのは珍しいと思います。

maruage06.jpg

売店から更に奥に進んでいくと
木の遊具がある場所に到着します。

他の遊具があるところと比べると少ない感じがします。

maruage07.jpg

木製遊具の先にある池も水が抜かれていました。

ちなみにこの公園は冬からだいたい春にかけて
池の天日干しを行っているようです。

maruage08.jpg

最後に心霊とは全く関係ないものですが
かなりインパクトがあったので撮りました。

上尾市俳句連盟創立二十周年記念合句碑です。
俳句がびっしりと書かれています。

夜にこれを見るとビックリしてしまうかもしれません。

maruage09.jpg

池のある公園系のスポットでは水場絡みの
噂をよく聞きますが水が抜かれている場合
霊達はどうしているのでしょうか?

変なところが気になってしまいます。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

天神氷川八幡合社と痴漢山(2024.02)

 【27//2024】

今回は埼玉県上尾市にある
天神氷川八幡合社と痴漢山に行ってきました。

天神氷川八幡合社では祈年祭や祭りなど
神事を大切にする場所として地元の人たちから
愛されているようです。

しかし、調べてみると霊の噂も複数あるようです。

・夜になると境内にある公園のブランコが勝手に動き出す

・近くにある水路で亡くなった男性の霊が現れる

・大きな影が追いかけてくる

などがあるようです。

それでは張り切ってまいりましょう。

tenjinchikan01.jpg

こちらにはこの神社の由来についての説明があります。

歴史深くそして定期的に祭りが行われ神事を
大切にしているようです。

tenjinchikan02.jpg

こちらから社殿と公園に行くことができます。

そんなに広くないので探索はすぐ済ませられそうです。

tenjinchikan03.jpg

こちらが天神氷川八幡合社社殿です。

雑草などが一切なく
管理が徹底されているという印象を受けました。

tenjinchikan04.jpg

先ほどの場所からすぐ左側には
天神氷川八幡合社境内社があります。

こちらは中央が「浅間社」左が「稲荷社」
右が「三峰社」となっています。

tenjinchikan05.jpg

神社の境内の中には作業所らしきものがあります。

誰も人はいませんでした。

tenjinchikan06.jpg

境内の裏側には公園とトイレがあり更に
道を挟んだ横には公民館があります。

この場所での撮影が終わったので
次のスポットに向かいましょう。

tenjinchikan07.jpg

次は藤波・中分ふるさとのみどりの景観地(痴漢山)

ここでは不審者の目撃情報があったり
痴漢事件があったりなど物騒な場所として
その名前が知られているようです。

こんな霊の噂があるようです。

・痴漢被害にあった女性の霊の悲鳴が聞こえてくる

・ここで写真を撮ると必ず無数のオーブが出る

・ホームレスの霊が追いかけてくる

などがあるようです。

それでは再び張り切ってまいりましょう。

tenjinchikan08.jpg

そう意気込んだもののいきなり倒木がありました。

倒れている木の状態を見ると
そんなに時間が経過しているようには見えません。

割と最近倒れた様な気がします。

これ以上進むのは危険だと判断し
この場からすぐ離れる事にしました。

tenjinchikan09.jpg

天神氷川八幡合社は不気味なほどに人の気配がなく
とても静かだったのが強く印象に残りました。

痴漢山は通行止めになっていてもおかしくない状況なのに
全く規制がかかっていませんでした。

事故が起こってからじゃ遅いと思うのですが
何か理由でもあるのでしょうか…

色々と考えてしまいます。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

城の内館城跡と立木之地蔵尊(2024.01)

 【15//2024】

今回は茨城県結城市にある
城の内館遺跡と立木之地蔵尊に行ってきました。

城の内館遺跡は鎌倉時代の初期あたり
結城朝光が築いたと言われているみたいです。

現在は遺跡として結城百選に選ばれ
市民に親しまれているようです。

そこではこんな霊的な噂をいくつか聞きました。

・地蔵尊付近で首つり自殺をした人の霊が現れる

・散策路を歩いていると人の話し声が聞こえてくる

・夜中に突然女性の悲鳴の様な声がする

それでは張り切ってまいりましょう。

散策路があるという事なので
そこを通って地蔵尊に行ってみます。

yuukijizou01.jpg

こちらには案内板と結城百選の碑がありました。

中世武家屋敷跡の由来の説明が書かれています。

周辺の竹や木が切り倒され見晴らしが良くなっています。

yuukijizou02.jpg

案内板のすぐ後ろには広い原っぱがあります。

何か残っていてくれればと思いましたが
ご覧の様に何も残っていません。

その奥にはトイレがありました。

水道の蛇口を捻ってみましたが水は出ませんでした。

匂いがかなりキツかったです。

yuukijizou03.jpg

散策路と言われている道を進み立木之地蔵尊に向かいます。

早朝ですが夕方の様に真っ暗でうっそうとしています。

本当にこちらの道で良かったのだろうか?

yuukijizou04.jpg

しばらく歩くと地蔵尊が見えてきました。

かなり気味が悪いです。

yuukijizou05.jpg

道なき道を歩いて5分くらいで立木之地蔵尊に到着しました。

完全に手つかずで放置されている感じです。

yuukijizou06.jpg

祠の屋根には落ち葉がかなり積もっており
不気味さを際立てています。

yuukijizou07.jpg

南面から立木之地蔵尊を撮影しました。

本来はこちらから行くのが正解の様な気がします。

yuukijizou08.jpg

ちなみに地蔵尊だけ見たい場合は
駐車場近くにある店の横にある路地から行くことができます。

yuukijizou09.jpg

かなり寂しい場所なので心霊スポットとしての
雰囲気はあると思いました。

夜に散策路を歩け、と言われたら余裕で断るレベルです。

ちなみに結城百選が気になったので
ホームページを調べてみましたが
現在は118まで増えているようです。

最後に撮影するのを忘れていましたが
館の名残である土塁や堀の跡が複数あります。

言われないとわからないくらいに荒れています…

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

川治ダムと日光市の廃墟(2023.12)

 【15//2024】

今回は栃木県日光市にある川治ダムと
日光市の奥地で見た廃墟を撮影してきました。

栃木県の川治ダムは日本で
第四位の高さを誇るアーチ型ダムとして有名です。

しかし同時に自殺の名所としても名前が知られているようです。

その為、こんな霊的な噂を聞きました。

・飛び降り自殺で亡くなったずぶ濡れの女性の霊が現れる

・遺体遺棄事件の被害者の女性の霊が追いかけてくる

・ダム湖で写真を撮ると赤いオーブが大量に現れる

などがあるようです。

それでは張り切ってまいりましょう。

kawajidamnikko01.jpg

駐車場のすぐ横にはトイレがありました。

冬季は凍結防止の為、閉鎖中でした。

kawajidamnikko02.jpg

ベンチの裏には川治ダムの概要の説明があります。

ここは高さの順位が第四位だそうです。

ちなみに一位は富山県の黒部ダム、続いて二位は広島県の温井ダム
三位は長野県の奈川渡(ながわど)ダムです。

kawajidamnikko03.jpg

川治ダム資料館は11月から3月まで休業中です。

ダム湖のアーチを撮影してみたかったのですが
真っ暗で何も見えませんでした。

kawajidamnikko04.jpg

ダム湖の道路からは八汐湖を眺める事ができます。

噂では赤いオーブが撮れると聞きましたが
全然撮れませんでした。

kawajidamnikko05.jpg

こちらは管理支所になります。

電気は付いていますが誰もいないでしょう。

ダム湖の探索はこれくらいにして次の場所に行きます。

kawajidamnikko06.jpg

川治温泉の奥にあった廃旅館です。

中を少し覗いてみましたが完全に空っぽでした。

kawajidamnikko07.jpg

この旅館は景気低迷により
2013年頃に倒産したようです。

荒らされた形跡もなく
しっかりと管理されている物件だと思われます。

kawajidamnikko08.jpg

この近くには黒部ダムがありますが
現在は落石事故により完全通行止めとなっています。

反対側も同じように封鎖されていました。

kawajidamnikko09.jpg

今回は暗い時間帯のダム湖の探索は初めてでした。

やはり明るい時間に行くのが一番だと痛感しました。

不気味という雰囲気は伝わると思いますが
見える範囲が狭いのでどうしても限界があります。

黒部ダムに関しては規制解除を待ち
機会を見つけて探索してみようと思います。

では!

Category: 心霊スポット

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

とある廃墟⑩

 【10//2023】

今回は記憶は定かではありませんが、2021年5月の連休中頃に偶然みつけた廃墟を簡単に紹介したいと思います。

宿泊施設か何かだと思われます。

二階建てのようです。

とある廃墟⑩01

随分と大きな台所です。

物が散乱し足の踏み場があまりありません。

とある廃墟⑩02

昭和時代を思い出させる灰皿がたくさんあります。

ほこりの積もり具合が歴史を感じます。

とある廃墟⑩03

台所を抜けると空っぽのガラスケースと複数の扉がありました。

部屋に入ってみましょう。

とある廃墟⑩04

個室には机がありました。

壁には落書きがなく荒らされてはいますが
イタズラなどはされていないようです。

とある廃墟⑩05

一階での探索が終わったので二階に行ってみます。

とある廃墟⑩06

畳の部屋は窓ガラスが全てなくなり
落ち葉が大量に積もっていました。

とある廃墟⑩07

ここは座布団やテーブルなどが散乱し
物置部屋と化していました。

とある廃墟⑩08

お盆のようなものがあります。

宴会でも行われたいたのかもしれません。

とある廃墟⑩09

この手の廃墟は時間の経過と共に破壊され
残留物が無くなっていくものです。

それを実感できる場所でした。

では!

Category: 廃墟

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る